消費者金融は便利なサービスって知っていましたか?

お金の借り入れ先に悩んだときには

より大きなお金を必要になることがある場合、出来るだけ貯金をしながら生活を続けることが重要になります。
予定しているお金を確保できれば大丈夫と考えていると、予定外のイベントが入ってしまい自分で確保できたお金以上に必要になってしまうことは多くあります。

このようなピンチな状態になってしまうと、どこにもお金がないのに探してしまう状況があります。
しかし、最終的には消費者金融などで借り入れる必要があるので、早めに借り入れ先を探す事が大事になります。

消費者金融の場合には、審査を依頼してから最終的に振り込まれるまでが非常にスピーディーとなるので、お金を確保できるがどうか他の手段を考えて、どうしても無理な場合に消費者金融へ依頼するという考え方が有効となります。

全国レベルの広告で知られているような大企業だけを考慮するのではなく、地元にしかないような消費者金融も視野に入れて、サービスの内容や立地条件などを考慮して選択していくべきです。

私は消費者金融は怖いというイメージがありました。
完全にマンガや映画で植え付けられたイメージなんですが、けっこう多くの人が私と一緒で消費者金融に怖いイメージを持っているんじゃないかと思います。

しかし、実際に利用してみると全くそんなことはないんです。
私はかなりドキドキで申し込みに行きましたが、普通の銀行と変わりませんでした。
良く考えてみたら、マンガや映画で怖い消費者金融って「悪徳」なんですよね。

普通のところは全くそんなことはないようです。当たり前ですよね。
ただ、普段消費者金融と接することって全くないので、そのイメージが間違いであると気が付くのは実際に利用する時なんですよね。
私も実際に消費者金融を利用しなかったら、今でもまだ怖いところだというイメージを持ち続けていたと思います。
なんでも実際に利用してみないと分からないものですね。ちょっと勉強になりました。

消費者金融が出しているアプリがわりと使える

全ての消費者金融がそうかは分かりませんが、私が契約したところはスマホアプリがありました。
これが地味に便利です。
申し込み時の必要書類の添付などはもちろんなんですが、返済シミュレーションでどれくらいのお金をどれくらいの期間返し続けるかなんかが分かるのは有難いですよね。

そういったことを全く気にしない人もいますが、私はけっこうきっちり計画を立てたい方なのでこういう機能は便利で良いと思いました。

それから忘れがちな返済日がすぐに分かるのも私には有難かったです。
メールアドレスをスマホの方にしておけば返済日近くにメールが来るのですが、それでもあれ?って思う時もあるんですよね。
そんな時にすぐに確認出来るのは良いなと感じました。

良く分からない目覚まし機能とかもありましたが、わりと使える機能が多いのでこれから消費者金融を利用する人はアプリをチェックしてみた方が良いと思います。
無ければ無いで困らない消費者金融のアプリですが、個人的には楽しめるのでオススメです。

私が消費者金融サービスに申し込んだ理由

私は実家を出て一人暮らしをしていたのですが、勤めていた会社を解雇されてしまい、突然の無職になってしまいました。
次の仕事も探していたのですが、なかなか職を見つけることができず、月々の公共料金の支払いや食費などで貯金がだんだん減っていきました。

そうこうしているうちに仕事が見つかったのはよかったのですが、その時点での所持金が底をついてしまい、その月の公共料金を支払えるだけの蓄えがなかったのです。
そこで私は消費者金融で借り入れをしようと思い、インターネットで消費者金融のサイトを検索して、早速申し込んでみました。

すでにその時は新しい仕事に就いていたので、審査も順調に進み無事に契約することができました。
とりあえず借り入れたお金を公共料金の支払いと食費に充てたことで、その月を無事乗り越えることができ、翌月に入った給料で返済を滞らせずに完済することができたので安心です。
これを機会に私は消費者金融をより身近に感じることができるようになりました。

初めは便利だか使い方を間違えると

急な出費でお金がないなんてことがあると思います。
そんな時に便利なのが消費者金融のカードローンです。

即日融資してくれる所もあるので今日使いたいなんて時に便利です。
仕事をしていて収入があれば誰でも借り入れできます。少額から少しまとまったお金も大丈夫です。
でも便利な反面で使い方を間違えると痛い目にあいます。必要以上に使ってしまうことです。

普段なら我慢するようなこともあたかも自分のお金のように使ってしまいます。
私も以前これで失敗しました。使っている時は楽しいことだらけなのですが結果は借金です。
毎月の支払いに追われてしまいます。だから使い方には注意が必要です。

はじめの少額がいつの間にか数十万、数百万となってしまいます。
返すのは大変ですが使うのは簡単なので誰もが陥る可能性があります。
ただしっかり自分でコントロールできるならば本当に便利ですし助かります。

それは間違いないと思います。
ひと昔前と違って大手の消費者金融も対応も親切にしてくれるので使用しやすくなっていると思います。

消費者金融もいろいろ個性を出しているんですね。

初めてカードローンを利用する時、銀行と迷ったんですが、なんとなく借りやすそうというイメージだったので消費者金融を選びました。
まぁカードローンで数万円借りるだけですので、銀行も消費者金融もそんなに借りやすさに差は無いんでしょうが、なんでだか消費者金融は庶民の味方という気がするんですよね。

ということで消費者金融でお金を借りることになったわけですが、今はいろいろポイントとかがあったりするんですね。
そのポイントは返済額によって増えて行って、無利息期間と交換出来たりするようです。
有難いサービスですよね。他にも振込手数料無料になったりとかもあるみたいです。

消費者金融もたくさんありますので、いろいろと新しいサービスを考えてくるんですね。
普段頻繁に利用するような場所ではないので注意して見たりしませんが、案外会社ごとの違いとかあって面白いなと思いました。
昔ちょっと調べた限りではそんなに会社ごとの違いって無かった気がするんですが・・・時代でしょうか。
公式のホームページなんかも会社ごとに個性があって楽しめました。

また消費者金融は取り立てや個人情報の流失などを心配に思う方もいるかと思います。
しかし大手の消費者金融は大手銀行の傘下になっている事が多いのです。
なので個人情報やプライバシーはしっかり守られていますし、法律に則った条件や取り立てが行われます。

また消費者金融によって金利や条件が違ってくるので消費者金融でお金を借りようと検討しているならばよく比較し、ご自分にあった業者から借入をした方が良いと思います。

銀行に比べて消費者金融の敷居が低いのはなぜか?

銀行か消費者金融かどちらでお金を借りるかということになれば、金利面からすれば銀行が第一選択になることは間違いありません。
しかし、ではなぜ消費者金融が存在しているのかです。
消費者金融の方が銀行よりも審査に通りやすいという面は確かにあるようですが、とはいっても消費者金融の審査が緩いというわけではありません。

消費者金融は自社の審査基準を持って融資したお金が回収可能という人の審査を通すというだけです。
これは銀行であっても消費者金融であっても変わるわけではありません。
私の周りでは銀行は敷居が高くてお金を借りるのに何か遠慮みたいな感情があるということを聞くことがよくあります。
しかし、やはり金利が低いことを考えれば嫌でも銀行に融資をお願いすることが多いようです。
もし、消費者金融が銀行並みの低い金利を提示すれば敷居の低さからもっと消費者金融に融資をお願いする人が増えてくるのではないかを思いますが、どうでしょうか。

消費者金融は上手く使うと非常にメリットがあるのです

最初に消費者金融を利用したのが家賃の支払いのためでした。
抵抗はありましたが慣れてくると毎月の定例の作業のようなものでした。
あまりに簡単に借りることが出来るため自分の口座から引き出しているような錯覚を覚えたほどです。

家賃の次は飲み代です。
定休日の前の日は必ず飲みに行くことが半ば決まりの様になっていたため深夜までズルズル二次会、三次会へと流れるのです。
平均すると一晩で1万円近く遣ってしまい時間によってはタクシーで帰ることもしばしばあったのです。

給料日までは当然のことながら消費者金融からお金を借りしのぐのです。
スマホから申し込むと直ぐに口座に振り込まれるため飲み会の前には必ず借りる習慣が付いてしまいました。
ただし使い方さえ間違わなければとても便利なシステムだと思い自分の限度を超えないような付き合いをしています。

消費者金融の申し込み方法と総量規制

消費者金融を利用するには、まずは申し込みの手続きを行う必要があります。
申し込みは電話、実店舗、無人契約機、インターネットなどで行えるところがほとんどです。
オペレーターは女性であることが多く、ホームページ内にそのことが明記されているところもあります。

電話、インターネットでの申し込みは人気がありますが、実店舗からの申し込みの方が審査が早く済むこともあります。
ちなみに夕方過ぎの申し込みは、翌日にまわされることが多いです。
早く借りたい審査の受付時間に注意しましょう。

審査に通ることができれば、好きな時にお金を借りられるようになります。
限度額は個人によって変わることがありますし、消費者金融による差も大きいことがあります。
また消費者金融では総量規制が発生するので、年収が高い人の方が高額借りられる可能性が高いです。

消費者金融によっては限度額が決定された後でも、年収が上がるなどした後で再度審査を受ければ限度額がアップする場合があります。

消費者金融は痒い所に手が届くサービスが多い

カードローンを契約してきました。今までは銀行系のカードローンを使っていたんですが、初めての消費者金融系のカードローンです。
二つも契約する必要があるのかと言われれば無いのですが、消費者金融系のカードローンは初回無利息期間があるんですよね。
もちろん銀行系にもあるところはありますが、私が契約した消費者金融は何度でも一週間の無利息期間があります。それに惹かれました。

一週間の無利息期間なんて意味あるの?と思われる人も多いでしょうが、これが案外利用価値はあるんです。
とくに給料日数日前に何故かお金が必要になることが多い私のようなタイプの人間には物凄い助けになります。
普通だったら数百円とはいえ利息が取られますからね。

今のところ大金を借りたことが無いので大金を借りた場合どうなのかとかは分かりませんが、私のように数か月に一回数万円を借りるなんて人はかなり助かると思いますので利用してみてはどうかと思います。
消費者金融は案外痒い所に手が届くサービスが多くておすすめです。

案外メリットの多かった消費者金融

消費者金融って銀行系と比べて利息が高いですし、とくにそこで借りるメリットのようなものが無いと思っていたのですが・・・審査なんかはけっこう早いんですね。
それから無人の契約機があちこちに設置してあるので、契約後にお金を借りるのは便利そうです。

さらに独自のキャンペーンをやっていることも多く、借り方によってはけっこうお得だということを知りました。無利息期間を利用して上手く返せれば本当に一円も利息が必要ないですからね。

それとコンビニのATMでの振り込み手数料が無料だったりする消費者金融も多く、返済期間が長期の場合にもお得感は強いです。
借りる金額によっては利息よりも振込手数料の方が高いなんてこともありますから、これはかなりのメリットです。

もちろんデメリットもありますが、差し引くとメリットの方が多いんじゃないかなと最近では感じています。
無条件で誰かに薦めるということはありませんが、自分で使う分には結構良いかもと思っています。